コラム

人材育成計画とは?計画の立て方とメリットを解説

2023.04.07

人材育成計画とは?

人材育成とは、会社に貢献できる人材を育てることです。

 

事業の目標を達成するには、従業員がスキルを高めて質の高い仕事を行い、生産性を高めることが求められます。

 

人材育成計画は、このような人材育成を成功させるために欠かせません。

 

人材育成計画を作成するメリットとは?

人材育成計画書を作成するメリットを詳しく解説します。

PDCAの実践

PDCAサイクル(業務の効率化を測る管理手法)を実践できます。

 

人材育成を進める際に、PDCAサイクルを実践すれば、質の高い継続的な取り組みが可能です。

 

人材育成計画書を作成して、計画(Plan)を作り、その計画に基づいて実行(Do)し、計画の進捗状況を確認し、定期的に評価(Check)し、課題を洗い出して改善(Action)することを人材育成計画書の中に書くことで、PDCAサイクルが回ります。

従業員のスキルアップ

人材育成計画を立てることにより、スキルアップまでの道筋が明確になりますので、人材育成計画は、従業員がスキルアップし、キャリアを描けるようになるための手段として役立ちます。

従業員のモチベーションが上がる

人材育成計画書を作成すると、従業員のモチベーションが上がります。

 

人材育成計画書には、従業員が目指すべき人材像が明確に記載されているため、従業員が習得すべき知識やスキルが明らかになります。

 

ゴールが設定しやすいため、従業員のモチベーションアップにつながります。

 

従業員が、何のためにこのスキルが必要なのかといったことを理解できれば、教育効果の向上が期待できます。

生産性の向上

従業員がスキルアップをしたら、仕事の質や量が向上します。

 

人材育成計画を立てることは、限られた従業員の中で労働生産性を高めることにもつながると言えるでしょう。

人材育成計画を立てていくポイントとは?

計画を立てる上で重要なポイントを見てみましょう。

現状の正しい把握

人材育成計画は、現状を正しく把握する必要があります。

 

そうでないと、計画が途中で違う方向に行ってしまったりしますので、現状を正しく把握しましょう。

目標の設定

何が不足しているのか。部下の現状をふまえて、目指すべき目標を決めていきましょう。

 

目標達成の基準だけではなく、数値で評価できる定量的な基準も立てるといいです。

 

また、達成までに挫折せず、やりがいを感じられる目標にするために、高すぎず低すぎない目標を設定しましょう。

スキルの確認

目標が決まったら、目標達成のために身に付けてほしいスキルを書き出します。

 

必要なスキルが複数ある場合は、それぞれに優先順位をつけましょう。

期限を決める

目標、必要なスキル、スキルを獲得するための手段が決まったら、いつまでに何をして、いつ目標を達成するのかの期日を明確に設定しましょう。

 

期日は、数ヶ月単位ではなく、数週間単位など、可能なかぎり細かく設定できるとよいでしょう。

スキルを取得する方法を検討

必要なスキルが洗い出せたら、スキルを習得する方法を検討しましょう。

 

従業員が、目標達成に足りないスキルをどのように身につければいいかを考えることが大切です。

計画書の作成

問題点、必要な人材像、スキルが明確に設定できたら、計画書を作成しましょう。

 

最初は長期的な計画を立て、そこから実行可能なレベルまで分解し、中期・短期の計画に組み込むことがポイントです。

実施とフィードバック

計画書が作成できたら、育成の実施とフィードバックを繰り返していきましょう。

 

計画書通りに進まないことが起きたら、原因を調べたり、現状と目標までのギャップを確認したりと定期的に計画を見直す必要があります。

まとめ

会社を成長させるには、人材育成が不可欠です。

 

従業員に合った計画を作るために、目標設定や現状の把握など、手順を踏んだ作成が必要です。

 

キャリアに合わせた手法の選択も必要になるでしょう。

 

計画が目標達成できるためには、従業員と経営陣の積極的なコミュニケーションやフィードバックも不可欠です。

 

変化の激しい社会で生き残るために、人材育成計画で戦力となる人材を育てましょう。

一覧を見る