コラム

職場のコミュニケーションの改善方法

2023.03.22

仕事を円滑に進めるには職場の人とのコミュニケーションは、非常に重要です。

 

企業にとって生産性の向上や離職率の改善など様々なメリットをもたらすからです。

 

ですが、「職場のコミュニケーション改善は難しい」「職場でのコミュニケーションを増やすための方法は?」

 

そのようなことで悩んでいるという声をよく耳にします。

 

そこで、今回は、職場のコミュニケーションの改善方法を解説します。

職場でのコミュニケーションの活性化のメリットとは?

職場でのコミュニケーションの活性化は円滑な人間関係を築き、業務に対していい影響をもたらします。

 

どんなメリットがあるか見ていきましょう。

生産性の向上

職場でのコミュニケーションが活性化すると、報連相がしやすくなるので、生産性の向上につながります。

 

仕事でのミスを未然に防いだり、関係者の認識を一致させたりするためには、綿密なコミュニケーションが重要です。

 

例えば、チームで1つの仕事をすることになった場合、コミュニケーションが取れているチームは、業務の分担をスムーズに行えます。

 

誰がどんな特性を持っていて、どんな業務でその特性を発揮できるか、日頃から把握できているからです。

 

また困っているメンバーにも気づきやすく、声をかけ、互いに助け合えるので、業務が効率的に進みます。

 

このように職場でのコミュニケーションの活性化は業務効率を向上させ、生産性の向上も見込めるメリットがあります。

情報共有が活発化する

職場でのコミュニケーションが活性化すると、従業員同士の情報共有の機会が増えます。

 

情報共有が密に行われることで、仕事のノウハウや、会社が抱える課題などを職場全体で共有できるので、従業員が一体感を持って仕事に取り組めるようになるでしょう。

 

また、情報共有の活発化は、新しいアイデアの創出などイノベーションのきっかけになることもあります。

従業員のエンゲージメントの向上

エンゲージメントとは、組織に対する愛着心のことです。

 

エンゲージメントが高い従業員は、少しでも会社や上司に貢献しようと、仕事を一生懸命行います。

 

さらに、職場でのコミュニケーションが活発に行われると、職場での居心地がよくなり、仕事の効率アップや離職率の低下につなげられます。

職場でうまくコミュニケーションを行うための方法とは?

職場のコミュニケーションの改善は、日頃からすぐに取り入れられる方法でも効果が期待できますが、ただ話しかけるだけでは、職場でうまくコミュニケーションを取ることはできないでしょう。

 

そこで、職場でうまくコミュニケーションをするための方法を解説します。

相手をほめることを意識する

コミュニケーションでは、相手が仕事で何か達成したり成果を出したりしたら、相手を褒めると、相手は自己肯定感を与えられます。

 

自己肯定感が高まると、難しい課題や新しいチャレンジに挑む自信を得られるので、困難や失敗を力に変えて成長できるようになるでしょう。

 

また、職場での居心地が良くなると、離職の防止にもつながります。

上司から積極的に話しかける

上司が部下に積極的に話しかけると、部下も自分から話しかけやすくなります。

相手が関心を持っていることを話題にする

職場でコミュニケーションをとる際は、相手の趣味など相手が興味を持っているジャンルを話題にあげましょう。

 

興味のある話題なら、相手は積極的に話してくれるので、円滑なコミュニケーションが取れます。

 

相手への興味・関心を示せると相手にとっては心地が良く、次第に信頼感が芽生え自らの話も聞いて欲しくなる効果から、コミュニケーションは活性化されていきます。

相手の話をしっかりと聞く

相手の話に寄り添い共感や尊重を示しながら相手の話を十分に聞くことで、相手は気持ちをわかってもらえる安心感を感じ、その後のコミュニケーションも活発になる傾向があります。

 

安心感が得られた相手とは自然とコミュニケーションを取る機会も増え、職場のコミュニケーション活性化につながっていくでしょう。

職場でうまくコミュニケーションを改善するための方法とは?

職場でうまくコミュニケーションを改善するための方法とは?

社内イベントを開く

社内イベントとは、従業員同士で相互に交流するイベントです。

 

業務時間外に行われるイベントだけではなく、従業員研修のような業務時間内で行われるものもあります。

 

社内イベントをきっかけにして、勤務中には交流できない人とコミュニケーションを取れる機会になりますし、新しい仕事のアイデアなども見つかる可能性もあります。

フリーアドレスを採用する

フリーアドレスとは、従業員が利用する席やデスクを固定せず、好きな場所で仕事をできるようにする仕組みのことです。

 

日によって近くに座っている人が異なるため、いろいろな人と交流することができ、新たな刺激を得るきっかけになります。

1on1ミーティングを行う

1on1ミーティングとは、上司と部下によって1対1でおこなわれるミーティングで、業務における目標設定をしたり。業務の振り返りをすることです。

 

自分の仕事についての客観的な意見をもらえるため、今後の仕事でどのような点に注力すべきか、どのような点を意識的に修正すべきかなどがわかります。

コストを抑えて都心一等地住所が使える、おすすめのバーチャルオフィス「ブルーム」

ブルームは、日本屈指のオフィス街である、東京都新宿区西新宿の一等地住所を、業界最安値の月額300円~レンタルしています。

 

住所レンタルだけでなく、法人登記や郵便物転送サービスも提供しています。

 

また、スタッフが常駐しており、格安バーチャルオフィスとは思えないほど、サービスが充実しています。

 

バーチャルオフィスの利用をお考えの方は、コスパが非常にいいブルームの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

一覧を見る