コラム

テレワークでメンタルヘルス対策は必要?

2023.03.09

テレワークは、自宅などで仕事をして、時間や場所にとらわれない柔軟な働き方であり、働き方改革の一環で注目を集めています。

 

テレワークは、従業員にとっては、ワーク・ライフ・バランスの確保、企業にとっては、生産性の向上など、さまざまなメリットがあります。

 

ですが、長時間労働になりやすい」、「コミュニケーションが不足している」といったように、メンタル ヘルス不調につながる恐れも指摘されています。

 

オフィスワークとは違った理由で、メンタル不調になってしまうことがあるため、テレワークにおけるメンタルヘルス対策を考えなければいけないでしょう。

 

企業は、従業員のメンタルヘルス対策をしなければいけませんが、テレワーク環境であっても、メンタルヘルス対策は必要となります。

 

テレワークを実施した従業員の40%が、今後もテレワークの継続を希望しています。

 

 一方で、出社中心の働き方を希望する従業員の割合も55%と半数を超えています。

 

今後はオフィ スへの出社とテレワークを組み合わせたハイブリッド型の勤務スタイルも考えられるでしょう。

 

出社やテレワークといった勤務形態に関係なく、従業員のメンタルヘルスをケアするのは、会社にとって必要なことです。

 

ですが、オフィスワークと違って、テレワークでは、従業員のメンタル不調や困っていることに気づきにくいことが問題です。

 

今回は、テレワークが、メンタル不調になりやすい原因について解説します。

テレワークがメンタル不調になりやすい原因とは?

では、テレワークが、メンタル不調になりやすい原因について、見てみましょう。

コミュニケーション不足

テレワーク環境では、コミュニケーションは、オンラインで行われます。

 

相手の姿が見えないので、ちょっとした質問をしたくても、タイミングに気を使ってしまい、コミュニケーションを取ることを躊躇してしまうことがあります。

 

また、テレワークでのコミュニケーションでは、言いたいことがうまく伝わらないこともあります。

 

テレワークでは、メールやチャットなど、テキストや音声によるコミュニケーションになるので、相手の表情、声、ジェスチャーなどによる相手の状況を察することができません。

 

そのため、相手の真意までは測りかねてしまうことがストレスになり、メンタルヘルスを損ねる原因につながる場合があります。

 

テレワークできちんとしたコミュニケーションが取れていないと、業務や人間関係に影響するだけでなく、孤独感や疎外感を感じ、メンタル不調になってしまうことがあります。

 

テレワークでは、メールやチャットなど、テキストや音声によってコミュニケーションをするため、相手の表情、声、ジェスチャーといったことから、相手の状況を察することができません。

 

そのため、相手の真意までは測りかねてしまうことがストレスになり、メンタルヘルスを損ねる原因になってしまうことがあります。

 

テレワークできちんとしたコミュニケーションが取れていないと、仕事や人間関係に影響するだけでなく、孤独感や疎外感を感じ、メンタル不調になってしまうことがあります。

仕事をする上でいい環境にあるか

オフィスには、デスク、プリンターなど、仕事をする上で必要な設備が用意されています。

 

ですが、テレワークでは、自宅などで仕事をしなければいけません。

 

自宅での仕事となれば、オフィス環境と違って、仕事に適した設備が備わっていないため、仕事の効率にも影響します。

 

また、小さなこどもやペットがいる場合、仕事に集中できなくなることもあるでしょう。

 

プライベートと仕事が混同されることもあり、それが、ストレスになることがあります。

仕事とプライベートの切り替えが難しい

テレワークでは、仕事とプライベートの境界が曖昧で、オン・オフの切り替えがうまくできないことがあります。

 

休日にもかかわらず、仕事のことを考えてしまうなど、オン・オフの切り替えがうまくできないと、ストレスや疲労の原因になり、業務効率に影響します。

 

テレワークを適切に運用するためにも、テレワークで働く従業員のメンタルヘルス対策が重要といえるでしょう。

テレワーク下のメンタルヘルス対策とは?

では、テレワークで、どのようなメンタルヘルス対策をするのがいいか、解説します。

 

生活リズムを崩さない

毎日決まった時間に食事をとる、寝る前にスマホを見ないようにする、寝る時間や起きる時間を決めるなど、小さなことを積み重ねることで生活リズムを崩さないで過ごせます。

 

好きな音楽を聴く、部屋の掃除をする、ゆっくりと湯船につかるなど、気分転換になる行動も適度に取り入れて、自分のあった、続けやすい方法を模索してみましょう。

ビデオ通話などで他者とコミュニケーションを取る

誰かと関わると、孤独感や不安感が和らぎます。

 

通話だけでなく、SNSのチャットツールなどを活用し、他者とのコミュニケーションを取ってみましょう。

 

人に話すことで不安の中身が整理され、気持ちが落ち着いてくるはずです。

散歩やストレッチなど運動を心がける

運動不足が続くと、不眠症やうつ病などの原因になることがあります。

 

近所を散歩してみたり、部屋でストレッチをしたり、ジムに通ってみるなど、積極的な運動を意識するといいでしょう。

 

運動にはネガティブな思考を発散させ、心身をリラックスさせる効果が期待できます。

企業ができるメンタルヘルス対策とは?

今度は、企業がテレワーク中にできるメンタルヘルス対策について解説します。

定期的にオンラインで面談をする

オンラインミーティングをすると、部下の表情、声のトーン、身だしなみなどから、部下の状況を把握できます。

 

部下からすると、上司と話をすることで、解決策が見えたり、ストレスを軽減できるといった効果が期待できます。

 

従業員とメンタルヘルス対策の情報を共有する

自分でできるメンタルヘルス対策を社内で共有しておくことも大切です。

 

人によって、どういう方法がメンタルヘルス対策として適切なのかは異なります。

 

企業がさまざまな方法を提示することによって、従業員は、自分にあった対策をすることができるでしょう。

相談窓口を用意しておく

メンタルヘルスや健康に関する相談窓口があれば、従業員は対策しやすくなります。

 

相談しやすい環境にするには、従業員とその家族に、存在や利用方法を知ってもらう必要があるでしょう。

 

社内報や従業員用サイトで定期的に知らせたり、企業に応じた方法で、周知しましょう。

まとめ

従業員がメンタル不調に陥ると回復までに時間がかかることが多いので、従業員だけではなく、会社にとっても大きな損失になります。

 

メンタル不調者を出さないために、環境に応じた正しいメンタルヘルス対策への取り組みが必要と言えます。

コストを抑えて、自宅住所を知られずに都心一等地住所を使って仕事をしたい方におすすめのバーチャルオフィス「ブルーム」

ブルームは、日本屈指のオフィス街である、東京都新宿区西新宿の一等地住所を、業界最安値の月額300円~レンタルしています。

 

住所レンタルだけでなく、法人登記や郵便物転送サービスも提供しています。

 

また、スタッフが常駐しており、格安バーチャルオフィスとは思えないほど、サービスが充実しています。

 

バーチャルオフィスの利用をお考えの方は、コスパが非常にいい、ブルームの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

一覧を見る